« 2010年10月 | トップページ

2010年11月

2010.11.04

ノストラダムスの大予言



『「1999の年7の月、空から恐怖の大王が降ってくる。アンゴルモアの大王を復活させるためにその前後の期間、マルスは幸福の名のもとに支配に乗り出すだろう」(ノストラダムス著・百詩集第10巻72編 日本語訳 五島勉)より引用』

1973年、日本は「1999年7月に人類は滅亡する」という預言に沸き立った。「五島勉氏のノストラダムスの大予言」である。それから26年が経ち、終末思想の信者たちはワクワクドキドキその時を待ちわびた。

--どうせ世界は消滅するのだから、何をしても無駄だよ。明日提出の決算レポートなんて忘れちまえよ。さぁ、僕と愛を語ろうじゃないか。と耳元で悪魔が囁き、気が付くとネオン街のラブホテルに連れ込まれ、拝金主義のドレイに堕した。

有り金叩いて飲めや歌えの大騒ぎ。明日なんてどうにでもなれ! 今、この瞬間が最も大切、と、みんな背徳的な遊びに熱中した。みんな会社を作って「○○ドットコム株式会社」と名前を付けた。「目的」には「インターネット事業」と書く。ベンチャーキャピタルは「インターネット」とか「ドットコム」とか名前の付く会社を探し、売り上げがなくても真っ赤っかでも、「今すぐに投資しなくちゃGP(ジェネラルパートナー=投資ファンドの無限責任組合員)はクビ!」と言う強烈なプレッシャーを受けた。

そして迎えた1999年7月。

何も起こらなかった。

それどころか、ニューヨークでも、ロンドンでも、そして東京でも、テクノロジー銘柄の株価は天井を知らず、さらに上がっていった。

そして、「ノストラダムス」から10年が経った。

この10年余りを振り返ってみると、何も起こらなかったかに見えた「世紀末」だったものの、確かにあの時を境に何かが変わってしまった、と感じるのは著者だけではないだろう。

それを「インターネット革命」と言えば一言で片づく。

富の形が変わり、資本主義が変質せざるを得ない状況になりつつある。

「真の民主主義が到来した」と言えば聞こえはいいが、保守派、既得権を堅持する側に取ってはとても受容できない変化であろう。

情報はタダ。なんでもタダ。フリーエコノミーの到来だ。

株式委託手数料は極限まで安くなり、IBDとセカンダリー部門が堅く切り離され、証券会社のリサーチ部門の収益源が絶たれてしまった。アナリストはどうやって食えばいいのか?

販売手数料や信託報酬が3%、と言ったぼったくりリファンドが流行ったが、「投資信託買ってはいけない」みたいな本が次々と出版され、証券界の隠謀は白日の元に晒されてしまった。

ETFの時代、バイサイドはマネージメントフィーだけじゃおまんま食い上げだよね、とばかり、成功報酬の取れるヘッジファンドへ人は流れ、また自己資本規制のない証券会社は、めちゃくちゃなレバレッジを利かせて自らが怪しげなハイイールド債の投資家になった。

そしてすべてが崩壊した2008年。

空からインターネットが降ってきて、資本主義の形は変わらざるを得なくなった。世界景気が低迷を続け、新生ローマ帝国の通貨が崩壊寸前で、初の有色人種米大統領の評判がボロボロになった。破裂した風船を誰もが修復できず、世界は再びパトリオティズムに支配されようとしている。

やっぱ、ノストラダムスの大予言は当たっていた。

そう思わずにはいられない今日この頃である。

<面白い!と思ったら↓ポチっとクリック。応援お願いします m(_ _)m>

人気ブログランキングへ

« 2010年10月 | トップページ

お知らせ

  • (C) Kei@kabuyanoura, all rights reserved. 当ウェブサイトのリンクは自由です。引用は出所を明示してください。著作者への連絡は以下のメール送信フォームをご利用ください。
無料ブログはココログ