« 注目銘柄のひみつ | トップページ | どんな電卓使ってますか? »

2010.09.17

アナリストはどのようにして売りか買いかを決めているか。

外資系証券のレポートには必ずそのアナリストの投資判断が書かれています。会社によって、「買い」、「BUY」、「OUTPERFORM」、 「1」、「A」などど、表現が違います。一般には「推奨」とか「リコメンデーション」、「株価レーティング」と呼ばれるそれは、そのレポートの結論であ り、アナリストとしての意見でもある最も重要なものです。推奨が入っていないレポートは結論のないレポートであり、三流の株屋の証です。

この推奨コードは、ベンチマークに対しての相対評価であり、「買い」はTOPIXを今後12ヶ月間に10%以上アウトパフォームする、「HOLD」 はプラスマイナス10%、「売り」はマイナス10%以上、などど、株屋によって、それぞれ独自に決まっています。決して株価が上がる予想だから「買い」な のではありません。TOPIXが20%下がって、その株が10%下がってもOKなんです。

ではこの推奨はどのようにして決まるのでしょうか? ほとんどの株屋では、買いか、持続(HOLD)か売りかは、各アナリストにまかされており、今 時分、株屋の銘柄会議で部長の一存で決まるものではありません。しかし、個別には、ファイナンスが近いので、「売り」は付けられない、とか、グループの ヘッドが勝手に決めてしまったりすることもあります。

アナリストは日常業務のひとつとして会社訪問を行い(日系では「取材」と言い、外資系では「会社訪問」とか「visit」などと呼ぶことが多い)、 その後、レポートを書きます。会社の分析では、過去の業績をスプレッドシートに入力し(アシスタントがやってくれます)、今後の予想を立て、予想数字を作 ります。

CFAの試験ではHP12Cでの計算が必須のようですが、現場で電卓を使う人は誰もいません。外資系のアナリストはHPを使っている人が非常に多い ですが、それは単に「HP以外使えなくなってしまった」だけであり、HP12CやHP17B2に四則演算以上の出番はありません。

そして適正な株価水準をはじき出し、それと現在の株価と比較して高ければ「売り」、安ければ「買い」、同程度なら「持続」という推奨を発表します、、、なんて、全部ウソです。こういうやり方って、アナリスト検定の参考書に書いてあったような気がしますね。

確かに教科書的にはこうなんですけど、こんなことやっているのは駆け出しのジュニアくらいなもんです。そして、これをやっちゃうと、生き残っていけ ません。では皆さんどうやっているかって言うと、第六感なんですね。これはアナリストの奥義であり、文章では書けないんですよ。そして第六感を研ぎ澄ませ ないと、株価の推奨は当たりません。要するに、「あのアナリストは相場観ゼロ」と言われ、バカにされるだけです。

冷酷にも、「第六感」なんて書いちゃうと、この「株屋の裏口」HPの意図に反するので、HOLDだけは、秘密を教えちゃいます。実はHOLDと付け るのは、「株価が横ばいになることを予想している」という意味でありません。アナリストはその銘柄のレーティングを投げちゃっているんですね。ようする に、「ぼくわかりませ~ん!」と白旗を揚げてるのが、HOLDの正体なんです。

株価は上がるか下がるかしかないわけなんで、本来、BUYかSELLかを一刀両断に決められるものです。でも、自分の判断に自信がないときって、多 いんですよねー。「う~ん、わかんねーなー。まぁHOLDでいいか? 無難だしなー」ってな感じです。そして、HOLDをつけるのは、所属している株屋に とってはお手上げ状態なんです。

アナリストが売れとも買えとも言ってないんで、手数料に繋がらないんですよ。ブローカーの力の強い英系証券だと、外人セールスマンから「ばかやろ う!HOLDなんて付けるな! 商売にならねーよ!」と罵声が飛んできて(当然英語です)、強烈なプレッシャーを受けるハメになります。米系ではアナリス トが強いんですが、HOLDをつけることは勝負から逃げてるわけで、そのうちそのアナリストの進退問題になってきます。

でも、アナリストは外人セールスとトラブルを起せば起すほど、英語は上達します。「塞翁が馬」ってやつですね。 

<面白い!と思ったら↓ポチっとクリック。ブログランキングに参加中>

人気ブログランキングへ

(2000年11月29日記)

« 注目銘柄のひみつ | トップページ | どんな電卓使ってますか? »

復刻版・株屋の裏」カテゴリの記事

お知らせ

  • (C) Kei@kabuyanoura, all rights reserved. 当ウェブサイトのリンクは自由です。引用は出所を明示してください。著作者への連絡は以下のメール送信フォームをご利用ください。
無料ブログはココログ