« 「株屋」を英語でなんというか | トップページ | 注目銘柄のひみつ »

2010.09.17

アナリストのお仕事

アナリストという仕事があります。新聞やテレビ、さらに株式投資関連のメディアにコメントを掲載し、株式勉強会などの講師にもなっています。かっこいいですねー。では、アナリストとはどんな仕事をして、その内情はどうなのでしょうか。

アナリストになるには資格試験を通る必要があると誤解している人がいます。書店の資格試験のコーナーには、「証券アナリストになろう」の類の本がい くつかあり、アナリスト検定の問題集もあるからです。しかしアナリストになるには資格は必要ありませんし、逆に検定会員資格を持っている株屋の営業マンを アナリストとも呼びません。アナリストと呼ばれるのは、リサーチの仕事をしている人だけです。

外資系証券では検定会員資格は何の評価もされません。日系証券では調査部門は検定会員資格が必須だったり、新人は外務員試験(これは株屋に必須の資格です。これがないと法的に仕事ができません)とならんで、勉強させられたりします。

アナリストは大きく分けて、セルサイドに所属している人と、バイサイドに所属している人がいます。またフリーランスでは仕事が成り立たないので、そんなことをしている人はよほど奇特な方です。

セルサイドとは株屋のこと、バイサイドとは保険屋とか信託銀行屋とか投信屋とか、いわゆる機関投資家のことです。また、株屋でも日系証券と外資系証 券とでは、アナリストの仕事内容がまったく異なっています。そこのところをわかってないと、日系証券から外資系へ移ったとき、非常に苦労するはずです。

日系証券のアナリストのお仕事は、担当企業を取材し、レポートを書く、いわば雑誌記者に近い職務です。外資系証券では、アナリストは株を売り歩くの が職務になります。外資系では、担当銘柄の商いが、そのアナリストが在籍していることで、増加しないと、存在意義を問われます。担当企業の取材は、いわば その手段であり、目的ではありません。

一方、バイサイドアナリストのお仕事は、セルサイドとはまったく異なっています。会社によってかなり役割は違うんですが、大きく分けて、1)ファンドマネージャーの奴隷、2)年金基金に対するお飾り、3)ファンドマネージャーが兼務する、の3つあります。

1番目の「奴隷」というのは、ファンドマネージャーへの登用過程で、アナリストを銘柄のファンダメンタルズを調査するトレーニングとして位置づけている運用会社の場合です。仕事内容は、ファンドマネージャーの下働き業務をこなします。

2番目の「お飾り」とは、最近よく見られるケースで、年金基金から資金を獲得するのに(投信もあります)、「弊社の運用体制」を説明するために「専 属のアナリストを○○人置いて、銘柄発掘に力を入れています」というプレゼンテーションのダシに使われるわけです。それ以上は会社から何の期待もされてい ません。仕事内容は、ただ座っていればいいだけです。ただ大蔵省(金融監督庁だったかな?)へ、アナリスト資格の有無や経験年数などを届けます。

3番目は、ボトムアップ運用(銘柄をひとつひとつ調査し、投資する運用形態)の会社でファンドマネージャー自身が銘柄調査もするケースです。しかし、これはアナリストというよりもファンドマネージャーと呼んだほうが適切かもしれません。

外資系証券のアナリストの仕事は激務です。普通は朝5時半には起きて、すぐ日経新聞を読み、担当業種の記事に対してコメントを発表する準備をしま す。オフィスには7時過ぎに入って、7時半(証券会社によっては7時45分とか8時)から始まるモーニングミーティングで、自分の意見をセールスマンやト レーダーに対して発表します。英語でのミーティングと日本語でのミーティングがあります。

さらに、東京時間の夕方、ロンドンのモーニングミーティングがあり、これにもカンファレンスコール(電話会議)と称して、発言しなければなりません (もちろん英語です)。つまり、一日3回「朝」がやってくるのです。下手すると夜にNYとのカンファレンスがあって、そうなると、一日4回「朝」を迎えな ければなりません。日中は担当企業に取材に行ったり、機関投資家のファンドマネージャーへのプレゼンテーションに当てられたりします。

レポートを落ち着いて書けるのは、暗くなってからです。決算発表の時期には午前2時、3時まで仕事するのが普通です。外資系証券のアナリストは、リ スクのある株式市場へ投資家を引っ張り込み、手数料を落とさせる役割を担っています。特定の銘柄に対して、「買い」とか「売り」の意見表明をしなければな りません。

外資系証券のアナリストの「推奨」は、文字通り、今の株価で「割安なので買いなさい」とか、「割高なので売りなさい」という投資判断の結論で、命が けです。もちろんそれが当たらないと、強烈なプレッシャーを受けて大変なことになります。駅のプラットホームの端を歩けなくなったり、防弾チョッキを着た り、家族の安全を守るため、「別居」になります。ウォールストリートでは、売り推奨をしたアナリストにはボディーガードがつくそうです。

<面白い!と思ったら↓ポチっとクリック。ブログランキングに参加中>

人気ブログランキングへ

(2000年11月28日記)

« 「株屋」を英語でなんというか | トップページ | 注目銘柄のひみつ »

復刻版・株屋の裏」カテゴリの記事

お知らせ

  • (C) Kei@kabuyanoura, all rights reserved. 当ウェブサイトのリンクは自由です。引用は出所を明示してください。著作者への連絡は以下のメール送信フォームをご利用ください。
無料ブログはココログ