« アナリストのお仕事 | トップページ | アナリストはどのようにして売りか買いかを決めているか。 »

2010.09.17

注目銘柄のひみつ

「注目銘柄」という言葉が、この世界で聞かれます。株屋や運用会社のアナリストやファンドマネージャが公表する場合もありますし、また、個人のHPでも「注目銘柄」と題して、自分が発掘した、良さそうな銘柄を列挙していたりもします。

注目銘柄とはどういう意味でしょうか。それは株屋と運用会社とではかなり意味が異なっています。株価はご承知のとお り、上がるか下がるかどっちに振れるかは「神のみぞ知る」世界です。したがって株屋の人たちも本音を言っちゃうと「株価がどうなるかは皆目見当がつかな い」んです。

だから、もっともらしい理由をつけて「注目銘柄」とか「参考銘柄」とか呼ばれるものをみんなで決めるのです。そして 各支店の営業マンを通じて、集中的にそれを顧客に薦めます。つまり、みんなで買うわけです。だから株屋の注目銘柄は始めに買った人が儲かって、後から買っ た人とか、儲かっている人が買い増しをすると最後はババを引く仕組みになっています。

では運用会社のファンドマネージャーが言うところの注目銘柄ってなんでしょうか。よく、日経金融新聞のファンドマネージャーのコラムに、「注目銘柄は富士通です」なんて書いてありますね。この正体は実は「ポジショントーク」と呼ばれるものです。

ポジショントークとは、ファンドマネージャー(あるいは個人投資家)が、自分でロングポジション(買い持ちのポジ ション)を取ってから、周りの人に「この銘柄いいよ」と宣伝するやつです。つまり、自分で先に買っておいてから、人に(自分が買ったことを伏せて)高い値 段で買わせるんです。恐ろしいですねー。

日経新聞の新年号に、「2000年の注目銘柄」と題して各界の著名人やファンドマネージャーが、銘柄を出すコラムが あります。これも、運用会社の注目銘柄は、ポジショントークであるケースが圧倒的です。つまり、ファンドマネージャーはすでに自分のファンドにその銘柄を 組み込んでいて、それが上がって欲しいんです。だから、みんなに買ってもらいたくて宣伝するんです。

言うまでもなく、みんなが「注目銘柄」に指定する株は、その後暴落します。すでにみんなが持っている株は、後は売られるだけなんですよね。

ところで、個人HPの注目銘柄って何でしょう? みなさんどんな基準で注目銘柄を選んでいるんでしょうか? あ、ポジショントークだけはやめときましょうね。

<面白い!と思ったら↓ポチっとクリック。ブログランキングに参加中>

人気ブログランキングへ

(2000年11月28日記)

« アナリストのお仕事 | トップページ | アナリストはどのようにして売りか買いかを決めているか。 »

復刻版・株屋の裏」カテゴリの記事

お知らせ

  • (C) Kei@kabuyanoura, all rights reserved. 当ウェブサイトのリンクは自由です。引用は出所を明示してください。著作者への連絡は以下のメール送信フォームをご利用ください。
無料ブログはココログ